カフェ&バー・レーヴ
〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目2−5
スカイボックスB1F TEL:06-6437-0346

ようこそ
ドリンクとフード
ドリンクとフード
みきぽん日記
ぽん箱
リンク集


みきぽん日記:2012年6月その3

2011年へ 2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2013年へ


←6月その2へ戻る…

6月その4へ続く…


トリコイスト2012年6月21日

■『鶏コラーゲンで、ぷるり肌。』

『モニプラ』で当選して、『(株)アマタケ』の『トリコイスト』の無料サンプルを送って頂きました。

では、使ってみましょう。

ローションは、シャパシャパとしていてみずみずしい使い心地。たっぷりと肌にたたき込みたくなる気持ちの良さです。うるおいが、乾くことなく長く続くのもいい感じ。香りは、なんだか?どこかで?知っているような好きな香り*柑橘系のベルガモットのアロマだそうですが、アタシ的には乳酸菌飲料をうすーくしたような?なんだか癒される甘酸っぱい香りでした。

南部どりのコラーゲンと自然由来の植物エキスが配合されていて保湿効果が高いのが特徴のシリーズだそうで、クリームもスルスルと伸びて軽い付け心地なのですが、お肌に弾力が出て柔らかくなる感じでした。年中乾燥肌のアタシは、もうちょっとコクのあるテクスチャーが好みですが、さすがにコレからの暑いシーズンには、べとつかないのに、お肌は潤う使い心地のよいセットだと思いました☆

☆鶏コラーゲンでぷるり肌。トリコイストオンラインショップ

● trico-isteファンサイトファンサイト参加中

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!

2012年6月22日

■湯村温泉旅行:朝食&観光バス

昨年10月に行ってから、ハマった^^温泉旅行。はや5回目です。

今回のバスの集合場所は新大阪。南方で降りて、まずは朝ご飯。大好きな男性の方のブログを読んでいつも憧れていた^^『松屋』の『ソーセージエッグ定食』。マスターは『ネギたま牛めし並』。モチロン完食〜、でも、朝からは、ちと食べ過ぎかな^^;(と言いつつ、翌日の旅館の朝ご飯は、もっと食べたけどー)

松屋 松屋

この辺りには疎いので、朝ご飯を食べるところがナイのでは?と心配していたのですが、新大阪駅のビル内は、朝から営業されているお店が、たぁくさん入っていました。そりゃそーだわね。次からの新大阪出発の際の朝ごはん問題は安心○

時間を間違えて30分早く着いてしまったのですが、一本前のバスも満員で出発して行きました。旅の行き先はマスターにお任せしているのですが、今回アタシは「まぁまた、地味な処をよく探してきたわねー」と思っていたのですが…人気の温泉地なのですね@@

以前利用した『大江戸温泉物語』と同じような『湯快リゾート』と云う365日同一料金の旅行を見つけてきたそう。各地にあるそうですよ。

さぁ、バスに乗り込んで9:30出発進行〜♪案外お若いグループもちらほらといらっしゃいました。

湯快リゾート

料金は、往復で一人3,000円。高速代金もガソリン代もいらなくて、しかもラク〜♪アタシ達は前日も深夜2 時まで営業しているので、寝るのは明け方。なので、コレで運転なんてして行ったら、マジで事故を起こしかねないので、迷うこともなく目的地まで連れて行ってくれる観光バスが本当に便利です◎

すぐに『加西SA』でトイレ休憩。近頃はドチラのトイレもキレイになっていますが、コチラはさらに立派でした@@

湯快リゾート

今回は初めて、マスター用にビールを買い込んで、保冷バッグに詰めてきたの。くふ、旅慣れてきたでしょん^^vなのにね、飲酒禁止とのことで飲めず。まぁ、温泉上がりの分ということでね^^

明日に続く…

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!

2012年6月23日

■湯村温泉旅行:鳥取砂丘

そして12:20、鳥取砂丘に到着。マスターは子供の頃に家族旅行で来たそうで、40年ぶりくらい。アタシは、子供の頃と十何年か前にも家族旅行で来たことがあります。今まではマイカーばっかりだったので、リフトがあることさえ知りませんでした。

鳥取砂丘 鳥取砂丘

では、リフトで降りて、砂丘に登ってみましょう。

鳥取砂丘 鳥取砂丘

5分間だそうだし、高さも低め。

鳥取砂丘 鳥取砂丘

でも道路を超えるのは、なんだか怖ひー@@;

鳥取砂丘 鳥取砂丘

わー、砂丘ー♪向こうの丘まで行ってみましょう。ひゃぁ、先行く人たちが、ありんこのように見えますよ@@

鳥取砂丘 鳥取砂丘

歩き始めは「月の砂漠を〜、はーるーばるとー、旅のラクダがー、行ーきーました〜♪」とか暢気に歌っていましたが…結構角度のある上がり坂だし、砂地って足が沈み込んで歩きづらいのねー。靴に砂が入りまくるしねー。

鳥取砂丘

あまりにも歩きづらいので、靴を脱いだら…「あじゅっ!!あじゅいーーーっ!!」耐えられる熱さじゃありません。靴を履いてても、脱いでも大変!!長靴の貸し出しがあります。が、それも歩きづらそうだしね。皆様、間違っても上等な靴では行かれませんようにね。

ふーっ、到着。崖からの眺め。海も深そうでキレイ。

この、横に長ぁい波が次々と押し寄せてくるのがサーフィンには最高とかで、そう云えば…サーファーの友達とも鳥取のどこかの海岸に来たことがあったけなぁ。アタシは、浜辺で1日眺めてただけですがね^^

鳥取砂丘

ラクダの写真は有料なのですが、遠くに写っていたので拡大。拡大し過ぎでボケていますが^^;

鳥取砂丘

おじいちゃんとおばあちゃんのカップルがね、ラクダを見ながら「置物に決まってる」だの「やれ、動いた」だの「そんなワケ無いじゃろが」だのと言い合っていました。

が…『上野動物園のパンダ』『箕面のお猿さん』『鳥取砂丘のラクダ』くらいに有名なシンボルだとアタシは思っていたのです。が?そうでもないの???鳥取砂丘にはね、生きたラクダさんがいるのですよー。子供の頃に乗ったので、乗馬ならぬ乗ラクダは、今回はいいやー。子供の頃の写真には、ターバンみたいなのをかぶせてもらっていましたが、今はナイみたいでした。

そして、ふーむ?こんなに緑が多かったけ?丘が二山くらいなかったっけ?まぁ、うろ覚えだし、自然の風景は変化していくものだものね。

鳥取砂丘

そうそう、景色が昔とちょっと違う?!40数年前は砂丘の高さがもっと低かった様な気がします。

足跡ー。風紋ー、風が弱かったのでしょうか?うっすら。

鳥取砂丘 鳥取砂丘

砂が、さらさらー。

鳥取砂丘

この時、カメラのレンズを外した際に落としてしまった模様。気づいた時には砂に埋もれかけていました。埋もれちゃっていたら気づかず帰るところだったよー。気づいたとしても、一面砂だらけなので探せないところだったよー。

そして、砂丘の砂にはどうやら沢山の砂鉄が混ざっているようで、レンズの磁石に大量にくっついて取れなくてかなり困りました;;

間違いなくアタシの琴線に触れる『砂の美術館』も本当に本当に観てみたかったのですが、時間が足りず;;いつかまた、コチラをメインに、また鳥取に来たいな☆

鳥取砂丘 鳥取砂丘

では、次は、お昼ごはんへ…

明日に続く…

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!

2012年6月24日

■湯村温泉旅行:お昼ごはん

海鮮丼を頂きに『鯛喜』へ。

鳥取砂丘鯛喜 鳥取砂丘鯛喜

貝のお刺身やツボ焼きもあったので、すごーく食べたかったのだけれど、時間が足りないかなーと思ってあきらめて…大正解でした。その時によるのだと思うのですが…出てくるのが遅いの。アタシ達の場合は、かなり待たされたので、バスの集合時間が迫ってきて、二人でヤキモキあせりまくりました。

ようやく運ばれて来ました♪すごー@@見た目からして超美味しそう♥

マスターは『鳥取三昧丼』1,570円。かに、まぐろ、白いかが、たぁーっぷり乗っています@@

鳥取砂丘鯛喜

アタシは『名物・海鮮丼』1,150円。ほたて、たこ、あじ、ひらめ、よこわ、磯っ子、鯛、しめさば、甘えび、いか、天然カンパチと…11種類!!

鳥取砂丘鯛喜

アタシは、海鮮丼は、すし飯よりも断然ホカホカごはん派なのでうれしー。お刺身も新鮮でイキが良くて、どれも大きくて分厚くって、めちゃくちゃ美味@@☆今まで食べた海鮮丼の中で間違いなくNo.1☆こんなに美味しい海鮮丼は初めてかもー♪

でもね、食べるのが遅いアタシ達が、黙々!ガツガツ!と5分程で大慌てで!大急ぎで!かき込んで食べたのも、初めてだったな。こんなに美味しいのに、つくづくもったいなかったな;;もっと味わってゆっくり楽しみたかったな;;

それでも、お米もお魚もお醤油もアサリのお味噌汁の美味しさも堪能しました。ゼヒ立寄りたかったお店なので、まぁ良かった良かった◎オススメですが…集合時間のあるバス旅行の方は、ちと危ないかもですね^^;

デザートに梨ソフトクリームも食べるつもりだったのにぃー;;時間切れで食べれずじまい。あーん、梨ソフトー!!!ナシソフト、ナシー!!!ぐすん;;

鯛喜のお店情報は『食いしん坊デート 〜阪神間グルメ情報〜 食堂編』でどうぞ。

明日に続く…

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!

2012年6月25日

■湯村温泉旅行:三好屋清山荘

14:40、湯村温泉に到着。今回のお宿は『三好屋清山荘』。

三好屋清山荘
三好屋・本館
三好屋清山荘 三好屋清山荘
清山荘・北館 清山荘・南館
三好屋清山荘 三好屋清山荘

三好屋という大きな旅館の離れに、6月1日にオープンしたばかりの別館です。どこもかしこもピッカピカ☆畳の香りも良いし♪広めだし□

三好屋清山荘

清山荘南館2Fの部屋から眺めた山間の温泉町の風景。眼下の春来川に沿う様に街が形成されています。一日中せせらぎが涼しさを誘い、深夜にはホタルも飛ぶ清廉な川です。

夕ご飯まで間がありますが、観光地をウロウロするのは明日にして、浴衣に着替えて、甘いもので旅の疲れ(バスに乗ってただけだけど^^;)をとりつつ、ちょっと休憩。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

そしてまずは『清山荘大浴場』へ。大浴場って…^^;お風呂は、小さいですが、檜の香りが充満していて癒されます。そして、深夜2〜3時以外はいつでも入れると云うのが、なにしろ良いです◎

三好屋清山荘 三好屋清山荘
三好屋清山荘

マスターは、お風呂上がりにようやく持って来たビールをグビー♪

三好屋清山荘

大浴場隣の娯楽室には、ゲームコーナー、卓球、マンガコーナー、インターネットコーナーが完備されています。

三好屋清山荘 三好屋清山荘
三好屋清山荘

アタシはお約束のマッサージチェアで極楽〜♥さらにベッドタイプのもあって、どっちも無料なの。無料ー♪

三好屋清山荘 三好屋清山荘

アタシ達の貸し切りでゆーっくり使えました♪

三好屋清山荘

そして、一旦お部屋に戻ったのですが、退屈したのか、マスター「本館のお風呂にも行ってみよう」と。この時に、夕立::::::しかもかなり強く@@山の気候は変りやすいんだねー。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

渡り廊下を渡って、本館へ。そして『森林露天風呂・伏龍の湯』へ。

三好屋清山荘 三好屋清山荘
三好屋清山荘 三好屋清山荘

『結びの階段』を93段もっ!!登っていかなくてはなりません。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

雨に洗われた山の空気は清々しいですなぁ。

三好屋清山荘

でも、まだまだ登らなくちゃいけません。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

途中にある赤いリボンを結わえているのが、この階段の由来。恋人達が二人の名前を書いて結びつけて恋愛成就を願うという趣向ね。

三好屋清山荘

「俺もぽんちゃんとコレしたいー。リボンって、どこにあるんや?」「ほんまやね?でも、後でまた来た時にしたらいいじゃない」とは言ったものの…もうコノ階段を上がり下がりする気力はなく、結ばずじまい。リボンは、本館一階のエレベーター前に設置されていました。「なんや、こんなとこにあったんかぁ。残念」「いいのいいの、アタシ達はこーして、もぅ恋愛が成就してるんだから、ねっ」

ようやくたどり着いたお風呂は、自然に囲まれた風情満点の露天風呂でした。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

まだ、雨が降っていたので、初めて置いてある編み笠をかぶっての露天風呂。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

森林浴もかねられる気持ちの良い温泉でした。本当は、もう一回くらいは入っておきたかったんだけれどねー。浴衣でスリッパで、長い階段と云うのに負けちゃった^^

そして、マスターが「こーなったら『展望大浴場・雲竜』にも入ろう」と@@;プチ城崎温泉湯巡りですか?笑。

三好屋清山荘 三好屋清山荘

大浴場は、まぁ、普通。広ーいです。どちらにもボデイシャンプーやクレンジングや化粧水etc.いーろいろセットされていました。マスターは、たまたま3カ所とも一人で貸し切り状態だったので写真が撮れたそうです。貸し切り温泉って贅沢出来ましたね☆

三好屋清山荘

浴場の名前に「展望」とありましたが、湯船から見えるのは空だけで風景を楽しむ事はできません。しかも窓の目隠しが高いので立ち上がってぴょんぴょんしないと周りの景色は見えません。(危ないからマネしないでね)

コチラの休憩コーナーにも、マッサージチェアとマッサージベッドがありました。が、本館だけに混んでいましたよ。

明日に続く…

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!

2012年6月26日

■湯村温泉旅行:夕ごはん

では、18:30夕ご飯に『バイキングレストラン四季彩』へ。

湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

最近は、昔よりは、だんだんとお酒を飲まなくなってきているとは云え、日頃たくさん飲むこともあるのに、なぜか?旅先ではほとんど飲まないアタシ。たくさんお料理があり過ぎて食べるのに忙しいからかなぁ。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋

お風呂にも入って、後は寝るだけなのに、いつも、くだらない深夜番組を眺めて、結局日頃と同じ時間まで眠れないので、今回はバッフェでも、片っ端から食べるのは考えず、飲みモードで酔っぱらっちゃうわよー♪と決めてきたの^^/

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋

なので『1時間30分の飲み放題』を付けました。温泉に続けて三回も入ったマスター、さすがにお顔がピッカピカー☆

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

さぁ、肴系を選んで、これらをちびちびとつまみながらクイクイ…グイグイ…クイックイッ…グーイグーイ…^^

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋

当店も飲み放題のパーティーをしていて「どうぞ、じゃんじゃん飲んでね」といつもお伝えしています。が、皆さん、おしゃべりと食べるのにもお忙しいからかして、平均3.5杯くらいです。モチロン5.6杯飲まれる方もいらっしゃいますが、ならすとね。アタシ達は、二人で合計14杯でした。うん、まだまだ飲める方だな^^v

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

最後は、ごはんものもね。この但馬牛炊き込みごはん、抜群に美味しかったー!!「ちょっとぉ、タッパー持って来て無いの?」「下品ー!!」と二人で笑い合ったくらい^^;

湯快リゾート三好屋

お寿司も他のバッフェに比べたら、ネタも良いし、シャリもふんわり握られていて美味しかったです。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

ソフトクリームやデザートは今回はあきらめました。お刺身も新鮮だったし湯葉とかチマチマした和風お惣菜が豊富でバッフェでも、かなりレベルが高かったと思います。

食べ終わってもまだまだ、20:30。本館の方にも、ゲームコーナー、マンガコーナー、インターネットコーナーが完備されています。酔ってご機嫌なアタシが「カラオケとかしちゃう?」(アタシは病的な音痴なので、マスターの前でしか絶対に歌わないのにー)「腹一杯過ぎて苦しいから部屋で休憩しよ」と。

バイキングはどうしても食べ過ぎてしまいます。この時は生まれて始めて胃薬の助けが欲しくなる程苦しいお腹パンパンに…。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

でも、パソコンがあると、しっかり吸い寄せられちゃうようですね^^お部屋でゴロ〜ンとしたら、そのまま寝てしまいましたzzz…ある意味計画通り^^?気づかぬうちに、マスターは、さらにビールをお飲みになられていた模様^^

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

でも夜中に目が覚めたので、アタシはもう一度温泉に行って、明け方までまた寝て、朝は6:00には目が覚めたので、今度は二人揃ってお風呂に行って、マスターはビールをグビーしながら、やっぱりパソコンに吸い寄せられていました。「インターネットが無かったら生きていかれへん」と日頃から言っていますからね^^アタシは、ゆーっくりとマッサージしながら朝ご飯タイムが始まるのを待ちました。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

明日に続く…

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!

2012年6月27日

■湯村温泉旅行:朝ごはん

7:00を待って昨夜と同じ『バイキングレストラン四季彩』へ朝食に。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

旅先ではなぜか?早起きのアタシ達(←年寄り化?)。朝食は6時位から始めてもらいたいかもー。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋
湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

やーん、お魚、焼き焼き〜♪コレは昨夜の夕ご飯にもあって良かったんじゃないのぉ?日本酒がさらにすすむではないですか^^

湯快リゾート三好屋

マスターの和朝食。

湯快リゾート三好屋

アタシの和朝食。但馬牛のお味噌汁も気が利いたメニューだと思います。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

マスターのブレックファスト。

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

アタシは、出汁茶漬けも食べちゃうよー。おいしー♪

湯快リゾート三好屋

コチラの(湯快リゾート系旅館の?)名物らしい焼きたてクロワッサンもカフェラテと頂きました。アツアツさっくりでGOOD☆

湯快リゾート三好屋 湯快リゾート三好屋

好奇心旺盛で、とにかくウロウロしたい派のアタシ達ですが、どーやらコチラの観光スポットはコンパクトなようなので、11時までお部屋でうたた寝して、12時にチェックアウトしました。

結果から云うとね、今回のお部屋は、とーにーかーくーウルサイ!!

上や隣の部屋の歩く音から話し声、ドアの開け閉め、廊下を歩く人の話し声も、真横で?と思える程響いて、あまりにもあまりな;;寛げないお部屋でした。(落ち着いた年配のご夫婦連れが他に3組程で騒々しい方々ではなかっただろうにもかかわらず)スタッフの方々は…おひと方でも?一度でも?試しに寝てみたことがあるのでしょうか???その他は、とても良い旅館だったのでねー、この点はねー、なんとかなさった方が。。。いいかなー。。。

明日に続く…

  人気ブログランキングへ ←皆さんの応援クリックの数で順位が変動するランキングに参加しています。ぜったい応援してね。バナーをポン!!


陶芸 iPod グルメ 音楽教室 グルメ
マッキントッシュ・ファンクラブ

←6月その2へ戻る…

6月その4へ続く…


2011年へ 2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2013年へ


©Cafe & Bar Reve (カフェ&バー・レーヴ) 武庫之荘